Slackeyなまいにち

マイブームをpandaのmaruちゃんとともにお伝えしていきます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
## LIVE 2010
1
B flatにキチャッタ〜♪

2
サ、サ、入りまショウ。。。良い席トラナクチャ ゾロゾロ

…とそこへ、「キチャッタ〜♪撮影」の一部始終を離れた所で見ていた
AoiさんとPiroさんが笑いながらやってきた。
「お久しぶり〜
3
左「ボク、maruデス コンニチワ♪ キミとははじめましてダネ〜」
右「はじめまして〜。ボク、まだ名前ないの。。。」
「じゃあ…ここはB flatだから、キミはBeeチャンだネ〜♪」
勝手に命名するmaruちゃんなのでした
続きを読む >>
| Slackey | Music | 00:10 | - | - |
ラ・フォル・ジュルネ 2010
3
ラ・フォル・ジュルネ2010 今年もキチャッタ〜♪

2
今年はショパンがテーマ
ポスターは妙にカジュアルないでたちのショパン…ちとキショイ

8
相変わらず大盛況なこのお祭りだけど
今年は当日券の入手がしやすいように感じました
どの公演がこれから観れるのかが、わかりやすく表示されてたしネ


5
ヴァレ・ノワール広場ではポーランド民族音楽の演奏があり
旅行しているような気分になっちゃった

さあ、コンサートの時間デス♪
6
<プログラム213>
エスネル:交響曲 op.11
ショパンピアノ協奏曲第2番 op.21
 イーヴォ・ポゴレリッチ(ピアノ)
 シンフォニア・ヴァルソヴィア
 ゲオルグ・チチナゼ(指揮)

このショパンのコンチェルトは絶対聴き逃せない!
なぜなら鬼才ポゴレリッチがどんな演奏を聴かせてくれるか
楽しみだったんです。
やっぱり…
ショパンの音楽が、すっかりポゴレリッチの音楽になっちゃってます。
いつも聴いている曲とは別もののよう…だけどステキ
この曲はショパンが初恋の人への想いを込めた曲で、
特に第2楽章のとろけるような甘い旋律が有名です。
ポゴレリッチの演奏は、とろけるのではなく、燃えていました
情熱的な熱い想いを恋する人にぶつけるように激しく静かに…
む〜うまく表現できないのが悲しい〜
こんな2番は初めて聴きました。
さらにアンコールにまた第2楽章を演ってくれたのにはビックリ
得したナ〜

次のプログラムまでの間、時間つぶしに場内をウロウロしていたら
ちょっとした人だかりが…なんだろう?
7
ポゴレリッチだぁ〜 驚きの遭遇スクープ写真♪♪

興奮から冷めないまま次のプログラムへ…

<プログラム214>
ロッシーニ、ドニゼッティ のオペラから 2曲
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 op.11
 オルガ・ペレチャツコ(ソプラノ)
 ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
 ウラル・フィル・ハーモニー管弦楽団
 ドミトリー・リス(指揮)

ベレゾフスキーのピアノは安心して気持ちをゆだねられる
とても心地よい演奏でした
彼はとても器用な演奏家だっていうことを再確認
オケの音も良い音だったな〜♪

今回も素晴らしい音楽の出会いがあり大満足でした

本日のお土産は
4
毎回必ず買う公式CDと
ショパンダ(ショパン生誕200周年記念キャラクター)のトートバッグ
ノーマル君が余裕で入っちゃう大きさで使いやすそう

明日が最終日の音楽祭、行くかたはたっぷり楽しんできて下さいね〜
| Slackey | Music | 23:59 | - | - |
Carole King & James Taylor LIVE
とうとうこの日がやってきた!!
一生に一度は見てみたい聴いてみたい二人のジョイントライブ
1
あいにくの雨なのでパンダは連れて来なかったよ〜
ごめんなさ〜い

開演の30分前に着いちゃったのでまだまだガラガラ
2
でも30分後には一杯になって、熱気がムンムン

キャロルとJTが手を取り合って仲良く登場すると
会場は興奮のるつぼ
この二人のデュエットが聴けると思うと天にも昇る気持ちです

出だしからJTの美しいギターやヴォーカルが素晴らしく
早くも感動の涙
キャロルも昔とぜんぜん変わらない
ピアノの弾き語りはもちろん、ギター演奏やステージをかけめぐり
飛び跳ねたり…そのお年とは思えませ〜ん
そしてバックバンドは、当時のオリジナルバンドの面々!
ダニー・コーチマーのギターも絶妙で
さすが!職人技の演奏 COOL!!

も〜 これは奇跡のライブです 感動〜
今日は至福のひと時が過ごせました
合掌
| Slackey | Music | 23:55 | - | - |
今日はコレでしょう?!
出タァ〜♪

ビートルズの全オリジナルアルバムが
22年ぶりにリマスターされて本日発売!!


もちろん!…まだ買ってません。。。

すっごく音が良い!
まるでビートルズがすぐそこで演奏しているようだ!
今まで聞こえなかった音が聞こえる!
…なんて話を聞いたら
これは絶対聴かなくっちゃ!ってワクワクしてま〜す

でも、35800円のボックスセットはお財布にちょっとキビシイなあ。。。
なのでまずは1枚
13枚のうちどのアルバムからゲットしようか悩み中です。

悩んでいたら
みんな欲しくなってきた。。。


実はビートルズ、CDはアビーロードしか持っていないんです。
あとは、いわゆる赤盤と青盤のmp3データでしか持っていません。
好きなのになぜ持ってないのか?…っていうと
CDの音がイマイチだったから買う気がしなかったのです。

でも、これからは良い音で新たな気分で聴けそう
ああ!ワクワクするな〜♪

1
ボクはLP派ネ♪
| Slackey | Music | 23:34 | - | - |
DOLPHYライブ
1
日も暮れてきたな…
こんな時間にここにいるんだったら、あそこに行くっきゃないでしょう?!

2
ワッハッハ〜 ドルフィっちゃお

3
今日はこのライブかぁ〜

4
ちょっと早く来すぎたかな… まだお店はガラガラ
ボクがここにいても誰にも気づかれない…チョウドイイ!
バーボンソーダを注文しよう!
このお店はいつ来ても居心地イイネ〜

ウッドベースの坂井紅介は、ハンク・ジョーンズやケイコ・リー、
土岐英史、大石学とも共演している実力派。
あるときは激しく、あるときは優しく聴かせてくれます。
それにピアノの田中信正がうまく合わせて、すばらしいリズム&バランス
こんなにウッドベースを聴かせてくれる人って私はRon Carter以来だわ〜。
とにかく二人とも演奏を通して、ささやきあったり、バトルしたり、踊ったり…
ベースとピアノだけっていうことを忘れてしまうくらいの音のたまて箱
聴いてて思わずニンマリ 楽しかった〜
これぞJAZZ!!
またライブがあったらぜひ聴きたい♪
| Slackey | Music | 22:15 | - | - |
FAIR WARNINGミニライブ
和食隠れ房を出た後、みんなで楽しくTea Time
1
いろんな話に花が咲いている中、抜け出すのは残念でたまらなかったけど
私はタワレコへ向かったのでした
2
大好きなFAIR WARNINGのイベントにキチャッタ

4
目の前でTommy HeartとUle W.Ritgenの話が聞けて
さらにアコースティックライブが見れるなんて最高

なんと6曲も演奏してくれたよ〜
3
ちょっとぉ〜前に背の高いお兄さんがいて見にくいヨ〜

でも、でも…こんな近くで歌が聴けて
しかも…握手できて
あの澄んだ瞳で微笑んでもらえて
さらにサイン色紙ももらえて。。。
4
幸せで〜す
| Slackey | Music | 00:38 | - | - |
MR.BIG LIVE
1
日本武道館にキチャッタ☆

大好きなMR.BIGのLIVEです。 デビュー20周年
私、武道館に来たの超〜〜〜久しぶり。
あれ?こんなに狭かったけ?
最近は、東京ドームやスーパーアリーナに行くことが多いから
そう思うのかな?!

今まで行ったMR.BIGのライブは、アリーナ席や
ライブハウスのオール・スタンディングだったりで
いつも人の谷間に入ってしまい、メンバーが見にくくて不満だった
背が高い人をこの時ほど羨ましいと思ったことはないくらい。。。

今回は、ちょっと遠くても見えないよりは良いかと思ってスタンド席キープ♪
これが予想外に良い場所で、メンバーの笑顔がバッチリ肉眼で見えたヨ

場内、ライブが始まる前から異様な盛り上がり
みんな、この日を待ってたんだよね〜

ポールのギターは、ますます上手くて円熟味を増してた
よくぞあんなにかっこいいリフを、次から次へとくりだすことができるのか
ビリーとのギター&ベースバトルは鼻血もの!シビレル~
パットはドラム叩きながら歌ってくれたのがステキだったし
エリックは連日のライブで声が疲れていたようだったけど
ブルージーなロックを歌わせたら天下一品!
アドリブがやっぱり上手い

も〜、この熱いライブのすべてをお伝えできないのが残念だわ〜。
大興奮の2時間半
私のハードロック&ヘビーメタル熱が再燃 メラメラ~
これはキケンかも〜

MR.BIGは、やっぱりこのメンバーじゃなきゃネ
新しいアルバム作って、本格的に活動して欲しいな〜

| Slackey | Music | 02:03 | - | - |
LFJ…again♪
昨日は、お天気がイマイチだったので…行く当てもなく
またまたコチラにキチャッタ〜

「アンタも好きねぇ〜」って言われそうデスネ

今回のLFJのテーマは、今までそんなに好きではなかったバッハ
なので、一応行っとくか!くらいのノリだったんだけど
聴きだすにつれて、バロック音楽にどんどんハマってきてしまったのデス
6
フォーラムの7Fまで上ってキチャッタよ〜
見晴らしが良いし、このビルのかっこいい造りが一望なんだ〜
渡り廊下を歩くとスリルも味わえるよ


7
7Fの奥ではエリック・フォントノーさんの
針で描かれたバッハの街のアートが見れたよ。とても繊細


8
ダイワハウチュ
この、イジー・ボトルバさんのイラストもダイスキで毎回楽しみデ〜ス


1
リューベック広場に行ってみると、先日見逃してしまった
ロシアの民族音楽アンサンブル「テレム・カルテット」の
コンサートが始まったので大喜び
とにかく楽器を見るだけでも面白い
 でっかい三角形の「ベースバラライカ」
 アコーディオンのような「バヤン」
 バラライカより古くからある楽器の「ドムラ」
これでバッハの曲はもちろん、ノリノリの民族音楽の演奏もありで超ゴキゲン!!


2
ホールの壁には音楽祭の写真も展示されてたよ
コウフンが蘇ってくるね〜

雨もけっこう降ってきちゃったので、外には出ず、
場内のバッハカフェでカレーとコーヒー(ワイン)を食べたよ〜。
カレーは帝国ホテルのもので、チキンたっぷりで美味しかった
食器もなんだか高級そうでバッハな気分だよ

5
バッハコーヒーを買って帰りたかったんだけど、売り切れでがっくり。。。
おとといはあんなにいっぱい売ってたのにな…

公式CDも完売でした。こちらはおととい買っておいたので良かった〜
この公式CD、音楽祭出演アーティストの演奏で、なかなか良い選曲だし、
値段も1000円なので、毎回買うことにしてるんです

来年のLFJのテーマは生誕200年のショパンだそうですヨ
これはメチャクチャ楽しみ!
どの公演に行こうか、かな〜り悩むんだろうな〜
| Slackey | Music | 15:40 | comments(2) | - |
ラ・フォル・ジュルネ2009
サチで〜す ラ・フォル・ジュルネにキチャッタ☆
1
今年のテーマは「バッハとヨーロッパ」
バッハを聴いて、見て、遊んで楽しもう

2
あ〜 あなたはバッハ?!
…じゃなくて、パンダ子さんなのね〜。びっくりしたわ〜
アトリエBの特製カツラですって!ステキね〜 イイナ〜♪

3
私もカツラ借りちゃった どう?ニアウ?
シュトレーゼマンみたいだなんて言わないでぇ

4
ここでなえみ家パンダさんも合流
バッハにキチャッター 楽しいな〜

5
さらにうしぃ。家こうめちゃんも加わって、
賑やかに、ドネルサンドきちゃった〜☆ 食べた〜い


パンダのみんなとの再会を喜ぶのもつかの間、
再びコンサートのはしごに向かうサチなのでした。。。

<本日見た公演>
ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)
・ヴィヴァルディ:「四季」作品8
体に稲妻が走りました。熱演

ベルリン古楽アカデミー
・J.S.バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
・J.S.バッハ:管弦楽組曲 第4番 ニ長調 BWV1069
格調高い演奏にブラボー

ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
ブリジット・エンゲラー(ピアノ)
小菅優(ピアノ)
小山実稚恵(ピアノ)
酒井茜(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)
・J.S.バッハ:2台のピアノのための協奏曲 第1番 ハ短調 BWV1060
・J.S.バッハ:3台のピアノのための協奏曲 第1番 ニ短調 BWV1063 
・J.S.バッハ:3台のピアノのための協奏曲 第2番 ハ長調 BWV1064
・J.S.バッハ(原曲:ヴィヴァルディ):4台のピアノのための協奏曲 イ短調 BWV1065
おなかいっぱいデス
6
ヴィヴァルディ四季でバイオリンを演奏した
ネマニャ・ラドゥロヴィチのエネルギーとパッション全開の演奏が
メチャクチャカッコよくて、一瞬にしてファンになっちゃった〜
サチ、コウフン
| Slackey | Music | 01:57 | comments(5) | - |
Denis Matsuev Piano Recital
こんばんわ〜!ぼくlikiです
紀尾井ホールにキチャッタ☆
今日は「鉄人」じゃなくて、ジェントルマンなぼく…

1
ここのホールは初めてだよ〜
クラシック専門のホールなんだって。どんなホールか楽しみだな〜


今日はデニス マツーエフのピアノリサイタル
2
来日すると必ず聴きに行くピアニストの一人です。
モスクワのチャイコフスキーホールへ
コンサート聴きに行っちゃったくらい大ファンです

3
まずは、喉がかわいたからペリエをいただこう〜☆
ウッディでゴージャスでシックなすてきなホールだね〜


始まる時間が迫ってきたので、席に戻ろうと行くと、
入口にあの有名な華道家、假屋崎省吾さんのお姿が! びっくり〜
テレビで見るのとぜんぜん変らな〜い。
さりげなくナチュラルな雰囲気だったので、まわりの人たちも
気づいているけど、気がつかないフリをしているって感じでした。
假屋崎さんが座った席は、ホールの真ん中あたりで
私の席から4列ほど前だったのでお姿がよく見えました
彼だったら今日の演奏を聴いて、どんなインスピレーションが湧くのかしら?
どんなお花を生けるのか見てみたいなあ(勝手な願いですね


●演奏曲目●
シューマン 子供の情景
リスト ピアノソナタロ短調
ショパン バラード4番
ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」

〜アンコール〜
リャードフ 音楽玉手箱
スクリャービン 練習曲嬰ニ短調
シチェドリン ユモレスク
ペールギュント:ギンズブルク編 山の魔王の宮殿にて

あっという間の2時間でした
展覧会の絵は圧倒的に素晴らしかった♪
まるで「ひとりオーケストラ」
音のレンジが広くて美しいです
ピアニシモでは天にも昇る浮遊感を味わえ
フォルティシモでは、その驚くべきパワーにぐいぐい引き込まれ
目はクギヅケ!呼吸をするのも忘れてしまうくらい。
思わず「うぉぉぉ!」拍手喝采


演奏会後にサイン会があり…
4
ぼくにもサイン下さ〜い うし
日本公演が終わった後は、韓国と中国へ演奏旅行に行くんだって…
忙しいね〜


5
liki:maruちゃんだたいま〜! ハイおみやげ サイン入りだよ
maru:ワワ〜 さっそくこれから聴くマルー♪
| Slackey | Music | 02:08 | comments(4) | - |

一番上へ